アジング

アジングタックルの選び方~ロッド、ジグヘッドの重さ、リーダーの長さ~

こんにちは

今回は

初心者に向けアジングタックルの選び方

を記事にしてみたいと思います。

完全に管理人の忖度ありですがよろしくお願いします。

こんな人に読んでほしい

①釣りの初心者②アジングを始めようと思っている③アジングを初めたばかりだ

 

それ以外の方は↓↓

☆茨城アジング☆釣れない噂を検証こんばんわ 茨城のアジは釣れない、絶滅したなどいろんな噂が流れています。管理人も以前に比べてアジの数は減ったと思っていますし、釣れ...

 

アジングタックルを知ろう

まずはアジングというとどういったタックルを思い浮かべるかですが

アジング専用とかメバリングで使っているものの流用などを考えると思います。

もちろんリーズナブルなエントリーモデルからハイエンドモデルまで様々な価格帯のものが用意されておりますね。

性能は千差万別。

もちろん手に取った時のフィーリング、デザインの良さも選択理由の一つとなることでしょう。

そんな中からどうやって選択していくのか?をここでは考えていきます。

一般的なアジングロッド

一般的なアジングロッドですが、有名どころだとダイワやシマノからすべてが網羅できるくらいにラインナップがされております。その種類ですが正直わかりません。はっきり言って多すぎです。まずは自分がアジングロッドを使用してどんな釣りがしていきたいかを考えていくべきです。

長いので時間がない人向けに

①アジングロッドは場所で長さを変える

②リールは1000~2000番を使用

③ラインはエステルかフロロカーボンを推奨

④ジグヘッドの重さは湾港では05g~0.8gを使用

アジングロッドはリグやポイントで選ぶ

どんなリグを使用するかで選ぶ?

①ジグ単②キャロライナリグ③フロートリグ

主にこの三種類を選択することが多いですね。管理人は①のジグ単での釣りがほとんどです

基本的にこの辺はどの程度の重さを背負えるか適応している重さを確認していただければ特に問題はないと思います。

どんなポイントでアジングをするか?

①漁港などの湾港内②外洋に面した堤防③磯④サーフ

①②はアジングの鉄板です。③④は邪道なアジングと言えるでしょう。

①漁港などの湾港内では基本的に常夜灯周囲やその明暗をメインに釣りをしていくので比較的飛距離も短くて済む5~6ft台の長さのロッドを選択していきます。もちろん短い方が感度も良好ですし手返しもよく持ち運びもしやすいです。

②外洋に面した堤防では足場が比較的高いこともあるため7ft以上のロッドを選択していきます。やはり長さが短いと抜き上げで堤防に擦ってラインブレイクしてしまったり…せっかく釣った魚を逃してしまうことが多くなる印象です。

③④の磯やサーフでは特に飛距離を稼ぎたいので7ft後半でかつ重めのリグが扱えるロッドが有用だと思われます。

ロッドは長くなれば重いリグを扱えることも多いですし、逆に短ければ軽いリグが扱えると思った方がいいかもしれません。

アジングのリール

アジングで使用するリールの番手は主に1000番台がよいといわれています。必要なラインの量も100m程度あれば十分ですし、ハイギアやエクストラハイギアなどは全く必要性を感じないからです。

ただし極細のラインを使うので糸ヨレを防ぐためのラインローラーの機能はしっかりしていた方がいいですね。

もし外洋や磯、サーフでやる機会が多いよって方は2000番台でもいいかもしれません。ラインキャパも十分ですし、まさかの大物外道にも対応できます。

磯やサーフはヒラメがつれたりシーバスの回遊も多いので注意が必要ですね。

ラインはどうする?

①エステルライン②PEライン③フロロカーボンライン④ナイロンラインとありますがアジングに関しては①~③が一般的に使用します。

①エステルライン:水になじみやすく伸びにくいので感度が抜群。ほんとに伸びないので瞬発的に合わせたりすると切れてしまうのが玉に傷。ちなみにエステルラインのリーダーは30㎝程度あればよいかと思われます。使用していないフロロカーボンラインなどを使用するのがGOOD!

②PEライン:こちらも同様に伸びないので感度は良好ですが、素材の特性上、水になじみにくく風で容易にあおられてしまいせっかくの感度が損なわれてしまうことがあります。糸ヨレがしにくいですね。主にサーフや、磯、外洋などの大場所で使うイメージでしょう。適応号数は0.4号程度がちょうどいいかと思われます。

③フロロカーボンライン:水になじみやすく、多少伸びる。ジグなどの操作性はエステルラインには劣りますが余裕を持った、魚とのやり取りが可能です。1~2Lb程度を使用するのがいいですね♪

④ナイロンラインは他のラインと比較し水に沈みにくいことやライン自体が伸びてしまいバイトが得られにくいので圏外です。

ジグヘッドは?重さはどうする?

ジグヘッドは各メーカーから専用のものが市販されています。好みに合ったものを選択するのがよいでしょう。

管理人的には一般的な湾港では0.5g~0.8g程度を使用しています。アジのサイズに合わせてゲイプのサイズを変えたりしております。

あたりが小さくノラない時はアシストフックを使用しています。

アジングタックルを揃えてみよう

一通り道具をそろえるとなるととてもお金がかかるし選ぶのにも時間がかかる!!

お店に行ってもどのコーナーにあるのかわからない…

そんな方のためのエントリーモデルを紹介してみますね

おおよそですがぜーんぶ合わせて15000円くらいでしょうか?

 

 

ボーナスも出たし、一式購入して釣り場へ行ってアジ釣って、おいしく食べて♪

食べるのができれば実益を兼ねた最高の趣味になりますよね。

ぜひよい釣りを楽しんでくださいね♪

 

ちなみに釣果はこちら↓↓

☆茨城アジング☆釣れない噂を検証こんばんわ 茨城のアジは釣れない、絶滅したなどいろんな噂が流れています。管理人も以前に比べてアジの数は減ったと思っていますし、釣れ...
ABOUT ME
taka
スマホゲームレビューを中心に執筆中 ツイッターでもゲーム情報をつぶやいたりしてるので気軽にフォローしてほしいです。 よろしくお願いします