サブスク

dTVについて徹底解説

こんにちは

今回は久しぶりのサブスクを解説していきます。

まだまだコロナ期間も続き無料期間のあるVODをハシゴしまくっています。

dTVについてレビュー!!評判、口コミなど

徹底解説です。

サービスの特徴、料金などを解説していきます。

dTVとは

dTVは、NTTdocomoが運営会社の動画配信サービスです。
国内の配信サービスの中でもダントツの安価で利用でるのが最大の魅力です。動画の本数は驚きの12万本!!!しかも「見放題」で視聴できます。

なんと料金は月額料金550円(税込)

dTVの特徴と、メリット・デメリット、実際のユーザーからの評判について徹底解説していきます。

現在、dTVへの加入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

もちろん無料トライアル期間も最長31日と長いのでお試ししてみる価値はありです。

dTVに今すぐ申し込む



 

dTVの特徴

ここからは「dTV」のメリット、デメリットを説明していきますね。

メリットは?

メリットまとめ

①安価な料金
②ジャンルが豊富
③オリジナルコンテンツあり
④無料期間が長い(31日)

圧倒的安価な料金

「dTV」のメリットはなんと言っても安価であることでしょう。

料金は月額550(税込み)の驚きの価格。

この料金形態を維持しながらも動画の本数も12万本以上と最高に多いです。

ちなみに無料トライアル期間も最長31日間となっておりほんとにお試しするにはもってこいです。

ジャンルが多い

映画・ドラマ、アニメ、バラエティ番組、音楽LIVEなど、幅広いジャンルのコンテンツが用意されています。

運営にエイベックスが携わっている事もあり音楽LIVEの配信にも力が入っていそうです。推しのアーティストがいたらまずはやってみてもいいんじゃないでしょうか?

オリジナルコンテンツもあり

オリジナルコンテンツ作品にも力を入れており、人気漫画の実写化やドラマや映画のスピンオフなどが視聴できます。

また違った角度から作品を楽しむことができますよ。

デメリットは?

デメリットまとめ

①最新作が有料
②画質が悪い
③複数端末での利用が困難

最新作が有料

映画やドラマの最新作は「見放題に含まれない」のがちょっと残念。

どの動画配信サービスでもそうですが最新作は有料になっています。だいたい単価としては300円程度です。どうしてもこまごました課金は出てきちゃいますね。特に海外ドラマなどは話数が多いので注意が必要そうですね。

画質が悪い?

4Kで視聴できる動画自体が少ないので仕方ありませんが画質が悪いみたいです。普段からk高画質で見ているとちょっと気になってしまうかもしれませんね。

複数端末での利用ができない

2つ以上の端末で同時に動画を視聴することができません。すなわち1つの端末のみってことですね。家族で動画を共有したいってときは違うサービスを利用するのが無難です。

 

まとめ

「dTV」についてご紹介していきました。安価な料金設定でとりあえず動画配信サービスを利用してみたいって方にはとてもオススメできる気がしますよ。

かなりデメリットよりもメリットが上回っています。

まだまだ自粛が必要な昨今。おうち時間の充実にいかがでしょうか?

dTVに今すぐ申し込む